Top

福が美味しい

自分の歳の分だけしか食べられいのが悔しかった。 もっとたくさん食べたかった。 だから、結局食べてしまうのだった。...

自分の歳の分だけしか食べられいのが悔しかった。 もっとたく...

Read More

いつか誰かのために編む

まるで、主人公の耳を通って主人公の体に入り込んで、その中で響いてかみ砕いて… 独白のようにも聞こえてくる。...

まるで、主人公の耳を通って主人公の体に入り込んで、その中で響...

Read More

優しいと自然は似ている

自分の口に入れるものが気になっている。 口に入れたもので体はできていくんだから、一瞬で消えるように見えても、いつまでも残るのは物じゃない、食べ物だ。...

自分の口に入れるものが気になっている。 口に入れたもので体...

Read More