Top

春を待ちながら桜を折る

陽が出て、少しだけ暖かくなった。 もう、春だという 埋めが咲き始めたと聞いたけれど、見つけられなかった。...

陽が出て、少しだけ暖かくなった。 もう、春だという 埋め...

Read More

福が美味しい

自分の歳の分だけしか食べられいのが悔しかった。 もっとたくさん食べたかった。 だから、結局食べてしまうのだった。...

自分の歳の分だけしか食べられいのが悔しかった。 もっとたく...

Read More

いつか誰かのために編む

まるで、主人公の耳を通って主人公の体に入り込んで、その中で響いてかみ砕いて… 独白のようにも聞こえてくる。...

まるで、主人公の耳を通って主人公の体に入り込んで、その中で響...

Read More