Top

翡翠という名の鳥を真っ先に覚えた

きれいな鳥の名前を見つけるように、そんな毎日がそこに転がっていることを忘れがちで。