Top

願いを捨てずに人々はずっと生きてきた

強めの雨が降る中を歩いていたのに、だんだんと空が明るくなり、あがった。
もわっとした夏も雨上がりの神社に茅の輪を見た。
災いや厄を払う茅の輪。
ああ、どうか。と願わずにはいられない。