Top

さりげなくではない必死な咲いているんだ

何かが咲くたびに、見知った色を探してしまう。
子供の頃に親しんだ花は、不思議と視界で咲いている。