Top

小さくても灯りは消えないと思うことを

久しぶりにあんなに声をあげて笑ったな、とふ思うことが増えて行く。