Top

壊されないで欲しいものを守って壊す

個人的には、感染症にかかることよりも、かかってしまったことに対する社会の目が怖い。
きっと皆そうで、マスクをせずに街を歩くと白い目っで見られるような気がして怖い。



実は、かかるかもしれない感染症への恐怖よりも、花粉症という、既に実害が出て生活のテンションがとても落ちるアレルギーへの防御をしたいのだ。
それなのに、それすらできない状況になっている。



けれど、そんな中でも子供達がたくさん遊ぶグランドを見て、不思議な気持ちになった。
子供達だって、急に学校が休校になり、日常が壊されている。
大人たちは、急に出勤時間をずらされ、始発に乗っていかなければいかない状況になっていたりする。



なのに、あんなに元気に遊んでいる。
ああでも、そうやって元気に遊んでいてくれますよう。