Top

商店街の中で育ったから、ここが落ち着く

戸越八幡神社一箱古本市に向けて、他の一箱古本市にスタッフ全員で参加した。

 

参加した場所は、雰囲気のよい商店街で、お店の軒先を使用させてもらう。
昔からの街のお店がそれぞれ残っている。それを左右に見ながら進めば神社の緑が見えてくる。
少し、戸越の街に似ている。

 

近くのパン屋さんで買ったメロンパンを、いい大人が三人そろって頬張りながら、街の商店街に並んで座っている。
自分のことなのに、それを通りの向こうから写真に撮りたくなる。

 

本好きのお客さんが箱の中を覗き込んでくれる。
知り合いが「ああ!こんにちは!」と手を振りながら近づいてきてくれる。
前会ったと時に自分がお勧めしていた本を読んでくれていて、それを良かったと言ってくれて。

平和で、穏やかで。街の中にのんびりと本を広げて座っていられる。

 

だから、自分は一箱古本市が好きなんだなと再認識した。

 

 

第43回 鬼子母神通り みちくさ市