Top

華奢な姿の影を忘れないようにしよう

人生で初めてパフェを食べた。
パフェってなんだか夢がある食べ物のような気がする。私だけかな?

 

背が高くて、きゅっと引き締まったグラスに白いアイスクリームが身をひそめ、その上に美しい果物が絶妙なバランスで盛られた姿。
細い華奢なスプーンでそれを掬っていく。
その美しい姿を壊すのは勿体ないと思いながら、そうせずにはいられない。

 

宝石と呼んでしまいたくなるのが分かる。

 

 

最近の私が、どうにも一人で抱え込んでいるのを感じてか、友人がパフェを食べるのに付き合ってくれた。
初めてのパフェの味は、とても美味しかった。